Sample Site

緊急避妊

コンドームの破損・脱落や避妊をしない性行為などに応急に対応する方法です。
従来は「ヤッペ法」という方法で緊急避妊するしかありませんでしたが、 2011年5月より新しく「ノルレボ錠」という薬剤が使えるようになりました。 アジアでの未承認国が北朝鮮と日本だけだったというほど、わが国での発売が遅れていましたので朗報です。 ヤッペ法とノルレボ法の違い 胃腸系の副作用に大きな差があります。 ヤッペ法は性交後72時間以内(最長120時間)に12時間あけてプラノバール2錠を2回飲む方法です。 新しいノルレボ法は性交後72時間以内(最長120時間)に1錠を1回飲むだけです。 大きな違いは、海外の報告ですが、服用後の吐き気がヤッペ法で30~50%(当院では工夫があり、ここまで多くはありません)、ノルレボ法で3%前後と大きな違いがあります。嘔吐がヤッペ法で10%前後、ノルレボ法でほぼゼロ、また頭痛がヤッペ法で2%、ノルレボ法で0.3%です。

妊娠予防効果

日本家族計画協会の報告では妊娠率はヤッペ法が2.6%、ノルレボ法では2.1%でした。
妊娠予防効果は性行為の時期にもよりますが、80~90%です。

価格に違いがあります

【ヤッペ法】 7,000円(税抜)/当院では吐き気止めの薬を含みます。
【ノルレボ法】 13,000円(税抜)

ご注意

緊急避妊法はあくまでも応急の方法で、副作用の頻度や妊娠予防効果から低用量ピルによる避妊(失敗率0.1%)が基本です。 女性の体は守るのはあなた自身です。

もし妊娠したら

妊娠を予防できず、妊娠継続を望む場合は緊急避妊法の薬剤は妊娠に悪影響はありません。

場所

日野市日野本町3-11-4
スカイマンション2F

最寄り駅:JR中央線 日野駅
徒歩1分

電話番号

TEL:042-514-8622